あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

母と娘のコミュニケーション 確執を緩和する

カラーメンタリング®

親子だって全然違う!

母と娘、一番近くにいながら、一番近くに感じられるからこそ、

なかなかその関係は難しい。

特に、母親というのは、育ててきた、という自負心もある。

違う人格と分かりながら、自分の考えを押し付けてしまうんですね。

私自身、母であり、娘でもある、両方の考え方ができます。

カラーメンタリング®のカラーキャラから見ると、

子供が小さいときに、お母さんに出がちなのは、オレンジ。

圧倒的に良く出る色ですね。

これは、お世話をやいてあげる。それによって存在感を得る母親にとって、

当然出てくる色です。

やがて、それに厳しさが加わってきますね。

少しでも、高みを目指していくために、

その情熱を燃やしていきますね。

そんなときは、レッドやブルー。

これが一生続くと、ちょっときついですね。

結婚して、別に所帯を持っても、また、子供ができても、

その孫の成長が気になって仕方がない。

そうなると結構口をだしてきますから、

辛いことになりますね。

でも、母親というものは、最強の応援団でもありますから、

悪いことばかりじゃない。

考えも、表し方も、根本にあるのは、愛情。

あからさまに邪魔な扱いもできません。

でもちょっとでも、迷惑そうな、そんな素振りを見せると、

怒る!いじける!

ちょっとめんどくさい。。。

でも、孫関係のことについては、線引きをして、じっくり話し合いをすることもできますよね。

でも、いざ娘自身に向けられたこととなると、そう簡単でもなく、結構押し切られてしまいますね。

そんな時、どんなふうにかわせばいいでしょうね。

もう、いい加減、いい大人?おばさん?になってまで、

あれやこれや、意見されるのってきついですよね。

趣味、志向まで、意見されたりしても、合わせられるわけもなく。

当たり前ですね。違う人間なんですから。

親のすりこみの大きさ

ある程度の年齢になるまで、子供は、すごく親の影響を受けます。

しつけ、教育を含め、行動の傾向パターンなど、影響を受けてくるわけですね。

でも、成長するにしたがって、本人の持っている性質がムキムキと出てくるわけですから、

違和感を覚えたり、自分の判断で様々に動こうとします。

自分にないものへ進んでいく姿に、親の方は戸惑うばかりですが、

しつけられた部分は残ります。絶対に。

その核となる大切な部分は決して忘れてないことを、きちんと伝えましょう。

それだけでも安心すると思います。

そのうえで、自分の考えや、行動を理解してもらえれば、、、

母親というものは、娘には、ガンガン本音をぶつけてくるような気がします。

分かってほしい思いを、一番理解してくれるのは、娘だと思っています。

コレ、仕方ないですよね。

母と娘の攻防戦は、一生ものです。

頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!