あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

服装と性格の関係は?

カラーメンタリング®

思春期からの自己主張

 

服装と、性格、一致しているようで、していないこともある。

気が付いていない心理の部分です。

中学生、いわゆる思春期の時期、急に服装が変わったりすると、

ちょっと心配になったりします。

今までは、親の趣味の通りでいたはずなのに、「え?そんな感じ?」

と驚かされたり。

どのような心境の変化か、まあまあ察しはつきますよね。

それは、自我ですから。

思春期の子が、わりと黒を着たがることは、前にも結構お話していますが、

これは、自己主張であり、またバリアを持つ拒否の部分であり、無言を表す部分でもあります。

特に、今まで世話をやかれてきた、親に向けられてくることが多いです。

もう、そんなに気にしないでくれ、といったところですが、

親としては心配ですよね。

でも、この時期を、素直に受け止めると、案外反抗期は早めに過ぎ去っていくかもしれません。

服装が、急に派手になったり、目立ったりしてくると、心配ではありますが。

内面から湧き出てくるものに、むりやり蓋はできません。

受けて立たなければ!

目立ちたい気持ち

目立つ服装をする子なのに、集団の中では、目立たず、おとなしいタイプの子もいますよね。

周りにすごく合わせていて、人の後ろにいるのに格好だけイケイケ?

これも、ある意味こころの声ですね。

前に出たい、という顕在的な欲求があるのは確かです。

若い場合には、流行となるものへの憧憬がありますから、

それを、身に着けているだけで、イケてる安心感??みたいなものが出てきます。

この感覚って、体験したことありませんか?

私も、多々あります。この感覚は。

更に、自分らしさ、というものを出すにあたり、色のチョイス。

という流れになっていきます。

まずは、イケてる人たちの集団に身を置いてみたい。

そして、更に、そこで抜きんでる存在になってみたい。

これ、思春期の話だけではなさそうですね。

大人になると、服装の、TPOを気にしたり、周りとの兼ね合いばかり気にしてしまうようになりますが、

服装には、その心理が出てきます。

もし、行動、言動などのイメージと、服装がかけ離れていたら、

よく自分自身を見つめなおしてみるいいチャンスになりますね。

そのあたりを、しっかり整えると、より一層自信がつき、人間関係まで上手くいくようになります。

その人自身の持っているものが、生き方が、ドンドンにじみ出てきますから。

内面と、外見の自己一致は、その人の持っているものを、より輝かせます。

自分だけの光を放てるようになったら最高ですね!

 

 

 

 

 

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!