あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

子育ての時期こそカラーセラピー

カラーメンタリング®

ピンクを卒業する女の子

 

昔々の話です。

娘が三才くらいの時でしょうか。

突然?ピンクの服を選ばなくなりました。

お気に入りの服は、ピンクが多かったのに、なぜ??

代わりに、毎日選んだのはブルーのワンピースでした。

不思議の国のアリス・・・の影響もあったかもしれませんが。

でもやっぱりピンクは選ばない。

色彩心理学、カラーセラピーの考え方から言うと、

ピンクは、甘えたい、幸せ願望。自分は頑張らずにして、満たして欲しい

という心理が働く色。

これは、きっと甘えから脱却するタイミングだったのですね。きっと。

今にして思えば、本当にその通りだったんですね。

弟がお腹にいた夏のことです。

お姉ちゃんになるんだ、、、。という意識が、そうさせたのかもしれません。

今思い出すと、腑に落ちることばかりです。

不思議なのは、弟がお腹から出てきて、自分が幼稚園に行き始めたら、

又、ピンクに戻ってしまいました。

その時は、また、女の子嗜好に戻ったのだと思いました。

でも、そこには、本当に大切なメッセージが込められていたのですね。

今、思いだすと、もっとわかってあげられたら良かったと思います。

これは、言葉にならない精一杯のメッセージです。

私なりに、娘のことを、できる限り最優先しているつもりでした。

今まで通り、ちゃんと名前で呼び、なるべく立場を尊重し、

パパがいる時は、なるべく私の隣には娘がいられるようにしました。

それでも。もっともっと、という気持ちがあったのかもしれません。

わかっていれば、もっとたくさんの言葉かけをしてあげられたのかもしれません。

言葉以上に感じられること

 

私がカラーセラピーを学んだのは、それから5~6年も後のことです。

あの時、知っていればな。。。

今でもそう思うことがあります。

おかげで、息子のことは、だいぶわかったつもりです。

あくまでも、つもりですが。

でも、何も知らないよりは、ずっといい。

なぜなら、言葉にしなくても、感じることができるからです。

色の個性から見えてくる意味合いで、その心理を感じとることができるからです。

感じ取れることによって、こちらからのアプローチは違ってきます。

どんな言葉を欲しがっているのか、どんな風に接して欲しいのか、

考える時間が生まれます。

それは、その時です。そのタイミングにしかありません。

もっともっと、早く学んでおけば良かったです。

娘は、今、私のもとで学び、カラーメンタリストになりました。

やってみようと思ってくれたことがすごく嬉しいです。

これからの人生に活かしていってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

子育てにこそ、カラーセラピーです!!

一人でも多くの方に伝えたいです。

一緒に学んでみませんか。

 

更に詳しく知りたい方はどうぞ。

一番下までスクロールして頂き、お問合せの ✉ マークをクリックしてくださいね。

フォームが出てきます!!

是非とも、お話しましょう♡

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!