あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

コンプレックスこそコミュニケーションの鍵

カラーメンタリング®

コンプレックスの捉え方

 

コンプレックス。。

実は、どんな人にもあるような気がします。

こんな美女には、まずないだろうな。。と思っても、話してみると、

自分のこんなところが嫌だとか、

それなりに色々あるようです。

コンプレックスは、目で感じる表面的な事だけではありません。

それゆえに、腹を割って話してみないと、色々なことわからないんですよね。

職場の同僚にしても、恋人同士にしても、相手の事をよくわかっていないと、

ウッカリ地雷を踏んでしまいますよね。

自分から見て、全く気になるようなことではなかったのに、

その本人にとっては、とても気になるようなことだった。

ということはありませんか。

ビジュアルのコンプレックスは、わかりやすいですね。

例えば、顔が丸いとか、大きいとか?目が小さい、鼻が低い、背が低い、太っている、

という具合に、多々出てきます。

多分、この部分を気にしているのかな。。

という勘が働きます。

ではでは、この、本人の気にしているであろうコンプレックス、

どのように対処するべきなのでしょう。

本人が、自分自身の中で好きではない部分、

これを、闇雲に、「気にすることないから大丈夫!」

といったところで、「他人にはわからないよ!」と

卑屈になってしまい、

個人的な人間関係も、

安易にものを言う人、わかってくれない人

という見方をされかねません。

では、どのような対処をすればよいでしょうか。

コンプレックスと真逆を語る!!

もしも、丸顔で悩んでいる人がいたら、

鋭角の顔の人について語ってみる。

鋭角な顔立ちの人の印象、近寄りがたいとか、きつく見えるとか?

背が低いことがコンプレックスなら、

背の高い人について、

背が高いだけで自信をもってそう、見下されそうとか?

そして、その人のコンプレックスが、短所だけではないことを伝える。

そこには、本人の強い気持ちもあるわけですから、決してそれを否定するのではなく、

そんな味方をする人もいるのだということを知ってもらう。

誠実な人として、その後の距離感がぐっと縮まってくると思われます。

コンプレックスは、誰にでもあるものです。

そこに、共感と、嫌みのない肯定でを得ると、とても信頼感と安心感を得られます。

もう少し、距離を縮めたい方と。。。

 

 

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!