あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

息子17歳初めて「お母さん」と呼んだ日

ブログ

二人称単数からの脱皮

「ママ、ママ、みてみて!」・・・口癖のように言っている息子でした。
そう、小学校卒業するころまで。。。

いつからだったのか、、、

呼ばれなくなりました。

そして、知らぬ間に、呼ばれるときの「ママ」は省略され、、

面と向かうと、「あなた」と呼ばれるようになりました。

そう、二人称単数ですよ。

ちょっと寂しくないですか。

でも、ママと呼ばれたい一方で、

どうなっていくのか成長を面白く見守っている自分もいて。

多分、本人が、一番色々と考えていたのかもしれませんね。

そうしたら、今日、、、

思いがけず、その言葉を聞きました!

「ドーナツ、半分残ってるから」

お母さんにあげる!

今、なんて??

もう一回言ってみて~~~

と思いながらも、、フツーに聞き逃したふりをしていました。。

いまいまいま、、、、お母さん、ていったよねーーー!

と心の中で小躍りしながら、見送りました。

どんな心境の変化で、急に出てきた言葉なのか、、

前から言ってみたい言葉だったのか、

それは、計り知ることはできませんが。

久々にやってきた小波ですね。

ついこの前まで、私が家にいられる日は、、

玄関の外まで、愛犬とともに見送っていましたが、

それも来なくていいと言われ。

楽にはなってきたけれど、、、。

私自身も、忙しく、

朝、見送ることもできず、モーニングコールをすることもあるので、

勝手な母親なのですが。。。

 

 

オリジナルの記念日は忘れずに・・

初めて、「ママ」と呼ばれた日のことを覚えていますか?

私は、残念ながら覚えていないのです。

いつのことだったか、、

なので、ここは忘れないようにしたいものですね。

もう小さい頃のように、目まぐるしく色々変化はしませんが、

心に留まったことは、覚えておきたいものです。

明日、呼んでくれるとは限りませんが。

まだまだ、変化中!!

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!