あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

赤色とピンクは同時に好きになる?

ブログ

赤とピンクはケンカするの?

私は、昔から少し苦手な色合わせがあって。

それが、赤とピンクなんですね。

何故なのだろうと、ずっと思ってます。

今でも。

赤はとっても、情熱的で。

活力もみなぎり、行動力もあり大胆。

要は、エネルギー満タンの、元気がいい色です。

そして、ピンクはというと。

とってもホンワカしていて。

自分では頑張りたくなーい。

とっても優しいけれど、実は、もっと優しくして欲しいと思っている受け身型。

女性の色でもありますね。

今は、それほど女性を意識するような色でもないですが。。

 

どんな人がピンク好き?

でも、意外な人がピンクがすきだったりします。

もちろん、ピンク好きといいながら、

服装にまで持って来られない人もいるから、

わかりにくいんですね。

でも、、お花、何色が好き?

と聞くと、

「ピンク」と答えてくれる人、わりといるんです。

メチャクチャ、男勝りで、

仕事をガンガン頑張っているようなひとが、

ピンクのバラが大好きだったり。

何色が好き?

と聞かれて、「ピンク」と答えなくても、

バラの花を選ぶときには、ピンク系を選んでいる。。。

潜在意識の中に、ピンクの存在がわりとあるということですね。

色々な色の個性を持っているんですね。

時々出て来るものなのかもしれません。

 

赤からピンクへの変容

結局、ここまできて、やっとわかる。

赤の個性は、情熱、活力、行動、エネルギーに満ち満ちた状態。

ピンクの個性は、頑張りたくない、優しさに包まれていたい、ホンワカとした色。

これが同時に目の中に入って来ると、、

私としては、ちょっと混乱するのかもしれませね。

心理としてはどうなのでしょう。

頑張りたい!けど頑張れない?

やりたい、けどやれない?

それとも、やれない?

そんなところが、居心地悪くて仕方がない感じ?

なのかもしれませんね。

どちらか1つに絞った方が、落ち着く事ができるのでしょう。

私の場合は。

もしも、同時に眺めるのなら、

調和のグリーンを多めに入れる。

これで、かなり落ち着くはずですね。

今日も、頑張りましょう〜

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!