あなたの魅力に魔法をかける感性プロデューサー

  • Instagram
  • facebook
  • LINE

ERIKO FLOWERING CLUB BLOOM YOUR CHARM

花セラピーはキューピット

ブログ

心を伝える素敵な方法

今日は、少し涼しいですね。
紫陽花の季節ではありますが、今日の写真は赤いバラ。
ブラックビューティです。
赤いバラにも色々な品種がありますが、
私は、赤いバラの中では1番好きかもしれません。
大きな深紅の赤いバラ、昔からあるローテローゼ、サムライ、レッドスター、など、色々ありますが、大ぶりな赤いバラは、私にとっては、ちょっと違う。

そう、平常心の時には、何を差し置いてもその赤いバラに心を奪われる。。。と言うことはあまりなさそうです。

けれど、市場で、このブラックビューティが出ていると、ついつい立ち止まってしまう。
不思議ですね。なぜなのでしょう。

ブラックビューティは、スプレーバラとして出てることも、あるほど小さめの赤いバラ。
花芯は深いベルベットのような深紅ですが、外側の花弁は、少し明るめで、花弁の裏側は、グリーンがかったグラデーションです。

グラデーション好きの私としては、その辺りも惹かれるところなのかもしれません。

そして、赤という色インパクトを持ちながらも、
どこか可憐を併せ持つ花。

よくね、愛情表現に使われますね。
赤いバラの花束とか。

随分前に、フランス人の方のブライダルをやったことがありました。
真っ白なウエディングドレスに真っ赤なバラのブーケでした。
残念ながら、写真を残していないのですが、
日本人には、なかなかないオーダーで、
たっぷりとした赤バラの中に、アンダルシアという、一重の赤バラで動きを出して演出した記憶があります。
情熱的ですよね。

そんな思いの丈を詰まらせた赤いバラのブーケ。
日本人は
結構シャイなので、苦手感があるかもしれませんね。
でも、ブラックビューティはオススメです。
爽やかなグリーンともとても相性がいいですし。
何と言っても大人の可愛さ。
特に、女性から男性に差し上げるには最高の品種です。

恋するアラフォー♡

いよいよ、恋話ですが。。。
いま、アラフォーは、適齢期ですね。
まぁ、適齢期自体、あるのかないのか、、、
わかりませんが。
でも、お付き合いしていても、中々踏み切れなかったり、相手の心情がわからなかったり、で悩むのがこの世代。
若い頃のような勢いもありませんものね。

自分自身も踏み切るのに勇気がいるんですよね。
今までの自由気まま感。
慣れ親しんだものへのリセットは、少し不安。
でも、この先このままでいいのかも不安。

一緒にいると楽である恋人。
もはや、静かな大人の愛情でしょうか。

というところで、
やっぱり登場するのはお花なんですね。

先月の彼のお誕生日に、彼女は、グリーンいっぱいのブラックビューティを差し上げました。

ゴージャス過ぎない控えめな花束です。
でも、気持ちのこもった、彼女の心情が現れる花束。
ブラックビューティを取り囲むグリーンは、ビバーナム、チューリップのタネなど、
あなたとこれから育みたい。
という意味合いのものが入っています。

因みに、彼のお誕生日に、花束をあげるのは初めてだったそうです。
逆パターンはあったようですけれど。

その2週間後のことです。
「結婚することになりました」と。
なんだか嬉し過ぎてゾクゾクしました。
言葉が出ないくらい嬉しかったです。
あまりにも、思い描いていた通りの展開に、私自身が1番驚きました!!

ハワイ挙式を考えているようです。。。
素敵ね♡

自信をもって生きたい貴方へ
最大限の魅力を引き出す
成功への感性のエッセンスを手渡したい

あなたの魅力に魔法をかける
感性プロデューサー
タマブチエリコ

LINE@始めました
色々な情報をお伝えします。
お気軽に登録してくださいね♡
https://line.me/R/ti/p/%40gyh6984x

LINE@

えりこー先生の
ERIKO FLOWERING CLUB

珠渕江理子がお届けするLINE@です。最新情報やイベント情報、日々自分を輝かせるヒントをLINE@であなたのスマホにお届けします。

友だち追加

お気軽にお問い合わせください

色と花の癒しの効能は、個々の能力と感性を引き出してくれます。
自分のプラスの個性を、知り、認め、表現していくことは、その人の魅力を最高に高めていきます。
それを表現する習慣性、内面性の溢れる魅力を外見に活かす自己一致こそ、最大限のセルフプロデュースとなります。

人と人、心と心、是非お花の輝くエネルギーでつながりましょう。
明日からの自分を劇的に変えることができるのです。
一日でも早く、唯一の輝きを!!